家族葬の基本とは何か

柏市で親戚の家族葬をする準備を手伝った話

夜中の午前3時頃、家に電話がかかってきたので何事かと思いながら出ました。電話は柏市に住む親戚の子からで、父が病院で亡くなったと泣きながら話していたため、私は妻に事情を説明してから病院へ向かいました。病院のベッドの上で親戚は冷たくなっていました。叔母と子は、ベッドの側にある椅子に腰かけながら泣いていました。心臓の病で急に亡くなったらしく、急過ぎたせいか私の目にも涙が溢れてきました。
叔母が喪主をすると言うので、一緒に手伝いをすることに決めました。その後、柏市内にいる業者に電話をかけて病院まで来てもらい、遺体の湯灌をして頂きました。遺体を後で運びますと業者が言うので、叔母一家と共に家へ行きました。そして、親戚の住んでいた部屋を整理したり掃除機をかけて綺麗にし、遺体がいつ来てもいいようにしました。30分後に業者が来て、布団を用意して遺体をその中に入れてくれました。あと、葬儀は叔母と業者の3人で相談した結果、家族葬をすることになりました。
翌日、遺体を葬儀屋へ運び念仏を唱えてもらいました。その日の晩はお通夜となり、叔母一家は葬儀屋に泊まると言うので、私は一旦家へ戻りました。次の日、お昼の少し前に火葬場へ遺体を運び、お焚き上げをした後に再び葬儀屋に戻りました。念仏の後、精進落としの席になりましたが、音頭で失敗して恥ずかしかったです。あと、叔母一家が手伝ってくれて有難うと感謝していました。

柏市で家族葬をする際の注意事項

家族葬は親族や故人の親しかった人達のみで行うのが基本です。ですが、故人に沢山の子供がいた場合は、一般葬並の人数が集まることがあります。故人の子だけでなく、孫も含めると相当な人数になるため、駐車場が広い葬儀屋を選択しておいた方が得策です。
柏市の葬儀屋で家族葬を進めていくと、火葬場へ移動することになります。お焚き上げをした後は、再び葬儀屋に戻りお経を唱えてもらうことになりますが、問題は念仏が終わってからです。マイクを使ってスピーチをする必要があるので、喪主をしている場合は何を述べるかを頭に入れておかないといけません。
家族葬の3日目にあたる部分なので、参列者は疲れている場合がほとんどです。そのため、早く終わってほしいと考えている人も多いので、葬儀で感じたことや子供の頃の話を紹介するだけでも構わないです。
故人と親しかった時は、精進落としの席で音頭を取る役を任される場合があります。急に言われることが多いので、戸惑ってもおかしくありません。ですが、言葉が浮かばない場合は、皆さん本日はお疲れ様でしたと言うだけでも大丈夫です。精進落としの席を終了させる言葉は、喪主がやってくれるので安心して良いでしょう。ただ、次の日が仕事の場合は、お酒はあまり飲まない方が無難です。

article

家族葬の基本とは何か

柏市で親戚の家族葬をする準備を手伝った話 夜中の午前3時頃、家に電話がかかってきたので何事かと思いながら出ました。電話は柏市に住む親戚の子からで、父が病院で亡くなったと泣きながら話していたため、私は妻に事情…

more...

柏市には家族葬専門の葬儀場がある

柏市で増えている家族葬 故人のお別れを家族や近親者のみで行う家族葬の需要は全国的にも広がりを見せています。ゆっくりと最期を送ることが出来るだけではなく、葬儀にかかる費用も抑えることが出来るため、葬儀には家族…

more...

家族葬を検討するケースが増えてきている

柏市で家族葬をしてくれる業者を探す方法 まず柏市内の市役所に行き、中にいる人に家族葬をしてくれる業者のことを聞きます。市役所は色々な人が訪れる場所なので、話を伝えれば教えてくれるはずです。電話番号は厳しいで…

more...